ぬいぐるみが子犬を生むサプライズ、90年代ヒット商品が復活

1990年代に米国 で大ヒットしたぬいぐるみ「パピーサプライズ」が今年復活し、人気を 博している。25ドル(約3000円)の犬のぬいぐるみには秘密がある。お 腹の中に3-5匹の子犬が入っているのだ。

何匹入っているか分からないのもサプライズ(驚き)の要素だが、 小売店は8月に再登場したこの玩具の人気ぶりにも驚かされてい る。1991年にハズブロが売り出した商品だが、現在はジャスト・プレー 社が製造販売している。同社は品不足に見舞われ秋に6週間にわたって テレビコマーシャルを中止した。

玩具評価サイト、TTPMの編集長ジム・シルバー氏は「子犬付き の犬のおもちゃは長いこと市場になかったが、子供たちは子犬が大好き だ。一時代前のヒット商品が新しい層に受け入れられた例だ」と話し た。ケアベアも製造しているジャスト・プレーは今年、パピーサプライ ズ100万個の出荷を見込んでいる。ハズブロではパピーサプライズ系列 商品の3年間での売上高は6億ドルだった。

原題:Success Is the Surprise of This Retro Gift(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE