28日のニューヨーク金先物相場は3 週ぶりの大幅安。ドルの上昇やエネルギー価格の低下で金需要が後退し た。

TDセキュリティーズ(トロント)の商品戦略責任者、バート・メ レク氏は電話インタビューで、「原油が大きく下げ、ドルが上昇した。 ここにきてディスインフレという疑問が生じている」と述べ、「金を買 う目的の一つはインフレヘッジだ。今の状況はそれとは逆だ」と続け た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前営業日比1.8%安の1オンス=1175.50ドル。5日以来で最も下 げた。前日は米感謝祭の祝日で立ち会い取り引きは休場だった。

銀先物3月限は6.3%安の1オンス=15.556ドル。2013年6月以来 の大幅安だった。プラチナ先物1月限は1.4%安の1211.30ドル。パラジ ウム先物3月限は1.3%上昇の813.30ドル。

原題:Gold Futures Drop Most in Three Weeks on Dollar Gain, Lower Oil(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE