読売新聞:英字紙の慰安婦報道に「不適切表現」と謝罪記事掲載

読売新聞は28日付朝刊で、発行する 英字紙が慰安婦に関連して「性奴隷」を意味する言葉など「不適切な表 現」を計97本の記事に使用していたことが分かった、として謝罪記事を 掲載した。

同紙によると、読売新聞発行の英字紙「デイリー・ヨミウリ」(現 ジャパン・ニューズ)が1992年2月から2013年1月にかけて「性奴隷」 を意味するsex slaveなどの表現を使用していたことが内部調 査で判明した。

読売新聞グループ本社広報部によると、同社は朝日新聞による慰安 婦問題に関する報道が国内外の世論形成に与えた影響を検証する中で、 デイリー・ヨミウリの記事を把握。読者や社会一般に対し、「おわび」 することを決めたという。ブルームバーグ・ニュースの質問に文書で回 答した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE