生保8社:上期の最終利益3割増、資産運用が好調

国内生保8グループの2014年4-9 月期決算が28日までに出そろった。連結最終利益は第一生命保険や日本 生命保険など6社が増益で合計では前年同期比32%増の5560億円となっ た。株高や円安により利息や配当金収入が増えるなど好調な資産運用が 寄与した。住友生命保険と朝日生命保険は減益だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。