トヨタ自動車は関連・グループ企業 でブレーキやディーゼルエンジンなどの事業を集約する。効率化を進 め、競争力を高めるのが狙い。

28日の発表資料によると、トヨタとアイシン精機、デンソー、住友 電気工業の4社がブレーキ事業分野で共同設立したアドヴィックスへの 同事業の集約を推進する。アドヴィックスへの人材派遣など開発支援を 強化するほか、2016年1月以降にアイシン半田工場、デンソー大安製作 所の制御ブレーキの生産機能を段階的にアドヴィックス半田新工場へ移 管する。

ディーゼルエンジン事業については、トヨタと共同で取り組んでき た豊田自動織機に開発・生産機能を集約する。開発機能は順次集約する ほか、生産についても今後の新規案件を対象に原則、集約していく。自 動車用マニュアルトランスミッション事業に関しては、アイシンとその 子会社のアイシン・エーアイ、トヨタとの間で、開発機能と国内生産を アイシン・エーアイに集約することで合意した。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE