中国株:上海総合指数、上昇-週間では4年ぶりの大幅高

更新日時

中国本土の株式相場は上昇。週間ベ ースでは上海総合指数が約4年ぶりの大幅高となった。原油安で運輸企 業の利益見通しが改善したことに加え、追加金融緩和期待も株価を押し 上げた。

中国光大銀行(601818 CH)と中信銀行(601998 CH)がいずれ も10%上昇。両銘柄ともに週間ベースの上昇率が少なくとも20%に達し た。

中国国際航空(601111 CH)は値幅制限いっぱいまで買われた。中 遠航運(600428 CH)は4.3%高。原油価格が4年ぶりの安値まで下げた ことが好感された。中海油田服務(601808 CH)などエネルギー株は下 落。

上海総合指数は前日比2%高の2682.84で引けた。今週は7.9%上 げ、2010年10月以来の大幅な週間上昇率を記録。CSI300指数も前日 比2%高となり、今週の上昇率が8.7%に達した。

香港上場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H 株)指数が前日比1.2%高。前週末比では6.9%高。ハンセン指数は前日 比0.1%安。今週の上昇率は2.4%に縮小した。

第一上海証券のストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港在勤) は、「中国人民銀行(中央銀行)はすでに政策金利を引き下げており、 今度は預金準備率の引き下げになると市場は期待している」と指摘した 上で、「金融セクターの雰囲気が良い」と述べた。

原題:China’s Stocks Cap Best Week in Four Years on Stimulus Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE