ロシア2位の石油会社ルクオイルの レオニード・フェドゥン副社長は、北極圏での大規模な原油埋蔵地の開 発は自身が生きているうちには実現しないとの見通しを示した。費用が かかり過ぎるためとしている。

同副社長は27日、ロンドンでインタビューに応じ「北極圏でのプロ ジェクトに関しては常に懐疑的な見方をしている。何か起こるとしても 私が生きている間ではないだろう」と述べた。

北海ブレント原油価格は6月以降1バレル当たり約45ドル下落。米 国のシェールオイル生産が増加する中、石油輸出国機構(OPEC)が 減産を実施しない決定をしたことから今月27日には約7%下げた。フェ ドゥン副社長は、これにより全ての石油会社が投資計画の見直しを余儀 なくされていると指摘。北極海での新たな開発よりロシアの既存油田の 生産に技術を利用した方が資本をずっと有効に活用できるとの見方を示 した。

原題:Arctic Offshore Won’t Be Developed in My Lifetime, Fedun Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE