グーグル分割は実現の公算小さい、欧州議会決議後も-当局者

米グーグル分割実現の公算は欧州議 会の議員が何と言おうと小さい。欧州連合(EU)の閣僚や当局者が指 摘した。

欧州議会は、グーグルを競争法(独占禁止法)違反の疑いで調査し ている欧州委員会に対し、「検索エンジンをそれ以外の商業サービスか ら分離すること」を検討するよう求める決議を賛成384、反対174で採択 した。決議に拘束力はなく、グーグルは名指しされていない。

欧州委員会のエッティンガー委員(デジタル経済・社会担当)は、 検索エンジンの競争活性化を目指すこの決議が採択された後も、グーグ ルの分割を期待できるとは思わないと述べた。

グーグルは一部の欧州諸国で検索エンジンの市場シェアが9割を超 えている。

フランスのルメール・デジタル担当相はブリュッセルで記者団に対 し、決議には「法的な効力はない」と指摘。「新しく選出された欧州議 会議員の願望を強い言い方で表現しているにすぎない」と語った。

グーグルのブリュッセル在勤の広報担当アル・バーニー氏は、決議 についてコメントを控えた。

原題:Breaking Up Google Is Hard to Do, EU Officials Say After Vote(抜粋)

--取材協力:Brian Parkin、Jonathan Stearns、Stephanie Bodoni.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE