世界最大のオフショア人民元のハブ としての香港の地位は揺るがないと香港金融管理局(HKMA、中央銀 行に相当)の陳徳霖(ノーマン・チャン)総裁が自信を示した。27日に 北京市内で記者団に述べたもので、香港の貿易決済と人民元建て融資が 大幅に増加していることを理由に挙げた。

陳総裁によれば、香港の銀行が今年1-10月累計で処理した人民元 の貿易決済額は5兆元(約96兆1500億円)と前年同期比73%増えた。ま た、今年10月末時点の香港の人民元建て融資残高は約1700億元に上ると いう。

中国はロンドンやソウル、トロント、シドニーなどの都市で人民元 の決済銀行を指名しているほか、豪ドルやユーロなど主要通貨との直接 取引も始めており、世界貿易や金融分野で人民元の利用を推進してい る。国際銀行間通信協会(SWIFT)によると、10月の国際決済通貨 では人民元は7位だった。

陳総裁は、上海からの香港の役割に対する脅威は感じていないとも 述べた。

原題:Yuan Trade Surge Shows Hong Kong’s Role Intact, HKMA’s Chan Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE