【個別銘柄】原油安で明暗、アイシン精堅調、千代建売られる

更新日時

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

原油安メリット・デメリット銘柄:石油輸出国機構(OPEC) が27日の総会で減産見送りを決定、同日のニューヨーク原油先物 は6.3%安と急落し、バレル当たり69.05ドルと4年半ぶりの安値を付け た。原油安が燃料費負担の低下につながるとみられ、ANAホールディ ングス(9202)が前日比7.4%高の292.2円、川崎汽船(9107)が6.9% 高の311円など空運や海運株が急伸。半面、国際石油開発帝石(1605) は6.9%安の1257.5円で3日続落と鉱業、石油株は安い。

アイシン精機(7259):4.2%高の4245円。同じトヨタ自動車 (7203)グループのデンソー(6902)とブレーキシステム事業を統合す る方針を固めた、と28日付の日本経済新聞朝刊が報道。デンソーのブレ ーキ開発・生産部門をアイシン精子会社のアドヴィックスに集約すると いい、今後のスケールメリットを見込む買いが入った。トヨタは取引終 了後、アドヴィックスへの事業集約を正式発表した。

千代田化工建設(6366):5.3%安の1048円。ジェフリーズ証券 は27日、新規に投資判断を「アンダーパフォーム」とした。株価上昇の 原動力になるマクロ経済、原油など商品市況の見通しが芳しくないとみ ており、2016年3月期の1株利益は市場コンセンサスを27%下回る58.1 円とする。13年3月期まで続いていた2桁の粗利益率も、8-10%の範 囲に収束すると予想。目標株価は950円とした。エンジニアリング同業 の日揮(1963)も1.7%安の2553.5円と連れ安。

オークマ(6103):3.9%高の901円。発行済み株式総数の2.44%に 当たる400万株、金額で30億円を上限に自社株買いを行うと27日に発 表。期間は28日から15年1月27日まで。当面の需給好転が見込まれた。

三菱ケミカルホールディングス(4188):3.5%高の611.5円。 SMBC日興証券は27日、目標株価を540円から640円に上げた。同日午 後の会社側による15年3月期業績計画の上方修正を受けた措置で、大陽 日酸(4091)の子会社化により産業ガスと医薬品合計で営業利益1125億 円(16年3月期予想)を稼ぎ出す見通しで、安定収益源が確立されたと 判断する。投資判断は「2(中立)」を維持。

小糸製作所(7276):3.6%高の3725円。ドイツ証券は27日、新規 に投資判断を「買い」、目標株価を4200円とした。グローバルでの生産 体制整備で中期的に受注が積み上がっており、14年3月期から17年3月 期までの完全希薄化後の1株利益は平均で26%成長と予想。北米など先 進国での収益性も改善するとみる。

電通(4324):3%高の4460円。SMBC日興証券は27日、目標株 価を5500円から5700円に上げた。グローバルの統合効果が顕在化するス テージと判断し、投資判断は「1(アウトパフォーム)」を継続。

積水化学工業(4204):3.9%高の1477円。クレディ・スイス証券 は27日、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」、目標株価 を1300円から1700円に上げた。日本銀行の追加金融緩和や消費税引き上 げの先送り、住宅エコポイントの再開などで不安材料だった住宅関連の 事業環境が改善、高機能プラスチック分野も円安が寄与するとみる。同 証による16年3月期営業利益予想を817億円から945億円に増額。

荏原(6361):4.3%安の508円。クレディ・スイス証券は27日、原 油やガス価格の下落を契機に石油化学、LNG案件向けコンプレッサ ー、タービンの受注減速、採算悪化リスクを市場は懸念するとし、同証 による15年3月期営業利益予想を337億円から335億円(会社計画340億 円)、来期を360億円から346億円に減額した。

帝人(3401):3.2%高の322円。高機能繊維の増産やフィルターな ど付加価値製品の製造に集中、今後5年で約200億円を投資すると28日 付の日本経済新聞朝刊が報道。成長分野注力による経営効率化を見込む 買いが入った。

TOKAIホールディングス(3167):6.7%高の556円。LPガス 事業の物流コスト低減に向け、配送物流業務の新会社を設立すると27日 に発表。季節需要に応じた人員体制の構築、受け持ち件数の拡大や設置 容器の大型化などを通じ、17年度の配送コストを前年度実績比30.3%低 下させる意向で、今後の収益力強化につながるとみられた。

日本農薬(4997):4.3%高の1299円。インドの農薬メーカー、ハ イデラバード・ケミカルズの発行済み株式の74%を来年1月に取得し、 子会社化すると27日に発表。金額は非開示。海外事業の拡大を見込む買 いが優勢となった。

大崎電気工業(6644):2.1%高の794円。15年3月期の連結純利益 計画を15億円から前期比5.7倍の45億円に上方修正する、と27日に発 表。シンガポールの連結孫会社で、配・分電盤メーカーのSMBエレク トリックの全株式を富士電機(6504)に譲渡、特別利益を計上する。

ブロードリーフ(3673):5.3%高の1663円。発行済み株式総数 の4.96%に当たる130万100株、金額で約19億円を上限にした自社株の公 開買い付け(TOB)を28日から12月26日まで実施すると27日に発表。 ことし8月に第2位株主のオートバックスセブン(9832)から一部売却 の可能性を示唆され、自社株買いの検討を開始、株主への利益還元にも つながると判断した。

菱洋エレクトロ(8068):4.4%高の1191円。2-10月期の連結営 業利益は前年同期比22%増の13億9200万円だった、と27日に発表。パソ コンや産業機器向けの半導体、通信機器向け液晶が増加、パソコン向け ソフトウエアやサーバーを中心としたシステム案件も伸びた。

毎日コムネット(8908):10%高の781円。6-11月期(上期)の 連結営業利益を従来計画の3億1700万円から5億5000万円に上方修正す る、と27日に発表。不動産、学生生活ソリューション事業が順調、販管 費抑制も寄与し、前年同期比で28%減益が一転、26%増益になる。

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576):6.9%高の1349 円。開発中の化合物の物質、用途特許が米国で成立したと27日に発表。 同化合物には緑内障治療剤「H-1129」バックアップ化合物が含まれ、 特許は現在日本、欧州、アジアでも出願している。治療剤開発に向けた 動きの進展とみられた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE