ブラジル次期財務相に元財務局長レビ氏指名-信頼向上図る

ブラジルのルセフ大統領は次期財務 相にブラデスコ銀行幹部ジョアキン・レビ氏を指名した。レビ氏は同国 の財政基盤を強化すると表明した。大統領は発表に立ち会わなかった。

レビ氏は2016年と17年のプライマリーバランス(基礎的財政収支) について国内総生産(GDP)比2%の黒字を目指すと説明。15年の目 標は同1.2%の黒字とし、財政の透明性も図るとした。同氏は元財務省 財務局長で、現在はブラデスコ銀の資産運用部門責任者。

米シカゴ大学でエコノミストとしての経験を積んだレビ氏(53) は03-06年の財務局長在任中にブラジルの債務圧縮や国際通貨基金 (IMF)への返済に貢献した。マンテガ財務相の後任としてレビ氏が 指名されたことは、企業景況感が過去最低に落ち込む要因となった政策 をルセフ大統領が撤回する意向を示唆していると、ブラジルみずほ銀行 のチーフストラテジスト、ルシアノ・ロスターニョ氏らは前向きに受け 止めている。

同氏は「レビ氏の経歴を見れば、財政政策で抜本的な動きを予想で きる。ルセフ政権は事実上、大幅な見直しを進めるというのが第一印象 で、同国が投資適格級を失うリスクを踏まえると、それは大いに歓迎さ れる」と述べた。

原題:Levy Named as Brazil Finance Minister to Boost Confidence (4)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE