離婚の都ロンドンで627億円財産分与認定-TCI創業者の元妻

英ヘッジファンド運営会社ザ・チル ドレンズ・インベストメント・ファンド・マネジメント(TCI)の創 業者クリストファー・ホーン氏(47)に対し、離婚に伴う財産分与を求 めていた元妻のジェイミー・クーパーホーンさんは、5億3000万ドル (約627億円)相当の受け取りが認められることになった。クーパーホ ーンさんの弁護士が、ロンドンの法廷で27日明らかにした。

クーパーホーンさんは13億ドル相当の資産の半分を受け取る権利を 主張していたが、実際の認定額はこれを下回った。一方、ホーン氏は家 族の資産への「特別な貢献」を理由に財産の最大75%を要求していた。 英高等法院のジェニファー・ロバーツ判事は、認定額の理由については 説明せず、正式決定の期日を12月12日に指定した。

代理人のマーティン・ポインター弁護士によれば、クーパーホーン さんへの財産分与には、現金約4億9300万ドルと米コネティカット州の 住宅、年金の持ち分が含まれる。

ロンドンでは離婚後に仕事を持たない配偶者に多額の財産分与が認 められることが多く、欧州の「離婚の都」と呼ばれてきたが、ロバーツ 判事は今回の裁判について、額が最も大きい事例だと述べていた。

原題:Ex-Wife of TCI’s Hohn to Get $530 Million in London Divorce Case(抜粋)

--取材協力:Lindsay Fortado.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE