原油先物相場は下落。ロンドンの北 海ブレントは約4年ぶり安値、ニューヨークのウェスト・テキサス・イ ンターミディエート(WTI)は約5年ぶり安値となった。石油輸出国 機構(OPEC)が供給過多の緩和に向けた減産を見送ったことに反応 した。

BNPパリバの商品市場戦略責任者、ハリー・チリンギリアン氏は 「OPECは低い原油価格を受け入れる覚悟を決めたようだ」と指摘。 「OPECはスイングプロデューサー(価格安定のための市場供給量の 調整役)としての役割を放棄し、その役割を市場のメカニズムに返上し つつある」と指摘した。

ロンドンICEのブレント1月限は前日比2.43ドル(3.3%)安の 1バレル=70.15ドル。終値としては2010年5月以来の安値となった。 週間では13%安と、11年5月以来の大幅な下落率。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前営 業日比7.54ドル(10%)下げて66.15ドルと、終値としては09年9月以 来の安値。

原題:Oil Falls to Lowest in More Than Four Years as OPEC Fails to Cut(抜粋)

--取材協力:Lananh Nguyen.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE