イタリア失業率が過去最悪、10月は13.2%-リセッション響く

イタリアの10月の失業率が予想に反 して13%を超え、過去最悪を記録した。戦後最長のリセッション(景気 後退)の影響で、企業は採用を控えている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。