ブラジル経済は7-9月(第3四半 期)に3四半期ぶりにプラス成長に回復したものの、アナリスト予想ほ ど拡大しなかった。同国への信頼回復と見通し改善に向け、レビ次期財 務相は財政規律強化の方針を表明している。

ブラジル地理統計院が28日発表した7-9月期の国内総生産( GDP)は前期比0.1%増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト46 人の調査中央値では0.2%増が見込まれていた。同国は4-6月(第2 四半期)に0.6%のマイナス成長となり、リセッション(景気後退)に 陥っていた。

再選を果たしたルセフ大統領は選挙期間中、景気を回復させると同 時に目標を上回るインフレ率を抑えると公約。これを実現するためレビ 氏を含めた経済チームが起用された。

ブルームバーグが実施した別のアナリスト調査によれば、今年の経 済成長率は0.3%と、2013年の2.5%から落ち込む見通し。来年は1%へ の成長加速が見込まれている。

原題:Brazil Recovers From Recession at Slower-Than-Forecast Pace (2)(抜粋)

--取材協力:Dominic carey.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE