27日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が続落。次期財務相に指名されたジョアキン・レビ氏が 政策を見直しても来年のブラジル経済は軟調が続くとの懸念が広がっ た。

原油相場が4年ぶりの安値に下げたことを受け、ブラジル石油公社 (ペトロブラス)は4.7%安と、ボベスパ指数を最も押し下げた。一 方、航空会社のゴル・リニャス・アエリアス・インテリジェンテス が7.6%高と、同指数の構成銘柄で最大の上昇率を記録した。

ボベスパ指数は前日比0.7%安の54721.32で終了。一時は1.8%高と なる場面もあった。祝日で米市場が休場となる中で、売買高はこの1カ 月の平均を44%下回った。通貨レアルはサンパウロ時間午後5時40分 (日本時間28日午前4時40分)現在、1.1%安の1ドル=2.5286レア ル。ルセフ大統領はブラデスコの資産運用部門責任者を務めるレビ氏を 財務相に指名した。

AZレガンで資産運用に携わるファウスト・ゴウベイア氏は電話イ ンタビューで「レビ氏は評価の高い人だが、恐らく政策面で厳しい調整 を図り、景気を回復させるのに時間がかかるだろう。楽観論を基にポジ ションを構築するにはなお時期尚早だ」と述べた。

原題:Ibovespa Declines as Economic Concern Offsets Levy Appointment(抜粋)

--取材協力:Denyse Godoy.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE