ドイツ銀、貴金属トレーディング部門閉鎖-若干の人員削減も

更新日時

ドイツ銀行は貴金属の現物取引から 撤退する。投資銀行部門を縮小し利益率を向上させる取り組みの一環。

同事業の一部は行内の他の部署に移管される可能性がある。同行は 貴金属に連動するデリバティブ(金融派生商品)の取引は継続する。ロ ンドン在勤の広報担当者が27日発表した。

世界の銀行は商品事業から撤退、あるいは事業を縮小しつつある。 起こり得る損失に対して準備する資本の積み増しを政府が求めているた めだ。カナコード・ジェニュイティのアナリスト、アルン・メルメーン 氏は、資本比率の要件が引き上げられる中で「この種の事業で利益を出 すのは難しい」と述べた。

金と銀、プラチナ、パラジウムの現物取引を停止する決定は26日に 行内で発表され、5人未満の人員削減につながる見込みだと、事情に詳 しい関係者が匿名を条件に述べた。同行は1年前に、商品トレーディン グ事業の大半から撤退する計画を発表していた。

バークレイズとクレディ・スイス・グループ、JPモルガン・チェ ースも同様の計画を発表している。

原題:Deutsche Bank Shutters Precious Metals Trading Amid Cutbacks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE