27日のインド株式市場では指標の S&Pセンセックス指数が続伸。原油相場が4年ぶり安値まで下落した ことが物価抑制につながり、インド準備銀行(中央銀行)が利下げを来 週決定するとの楽観が高まった。

インド最大の発電機メーカー、バーラト重電機は8カ月ぶり高値。 国内で日用品最大手のヒンドゥスタン・ユニリーバと、国内2位のソフ トウエアメーカー、インフォシスはいずれも上場来高値を付けた。イン ド石油が国有製油会社の上げを主導した。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比0.2%高の28438.91で終 了。原油安を手掛かりにインフレ率はラジャン中銀総裁が目標とする 6%を下回る水準に低下した。インド中銀は12月2日の政策決定会合で 利下げを決定すると、クレディ・アグリコルCIBとキャピタル・エコ ノミクスは予想している。10月のインフレ率は5.52%だった。

原題:Indian Stocks Advance as Oil Drop Raises Rate-Cut Expectations(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE