ユーロ圏経済の弱さと投資家の利回 り追求の組み合わせが、域内金融システムへの新たな脅威となっている と、欧州中央銀行(ECB)が指摘した。

ECBは27日公表した金融安定報告で「ユーロ圏の銀行と国家にお けるシステミックな緊張は、2007年の金融危機の始まり前にしか見られ なかった水準にまで低下した」とする一方で、「しかしながら、景気回 復は引き続き勢いがなく脆弱(ぜいじゃく)でまだら模様だ。世界的な 利回り追求の動きの中で金融安定へのリスクが高まる可能性がある」と 分析した。

ユーロ圏の銀行はECBのストレステスト実施に際して資本を強化 したものの、各国の財政再建は一律には進んでおらず完了してはいない とも指摘。ECBは金融安定への最大のリスクとして3つを挙げた。

その一つは、ノンバンクが「レバレッジを高めている兆候の中で、 世界的な利回り追求の突然の反転が、一部の非流動資産によって増幅さ れる」リスク。ECBはこれについて、シャドーバンクの監視強化が必 要だと論じた。

また、マクロ経済回復の鈍さの中で「銀行の収益力が弱い状況が続 く」リスクと、低成長および「財政・構造改革への政策当局の決意の揺 らぎ」を背景に債務の持続可能性への懸念が再燃するリスクも指摘し た。

原題:ECB Says Financial-Stability Risks Heightened by Weak Euro Area(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE