中国人民銀行(中央銀行)は融資促 進策を打ち出すことで金融政策をさらに緩める可能性がある。天弘基金 管理の劉佳章シニアストラテジストが指摘した。

人民銀は21日、2012年以来となる利下げを発表。24年ぶりの低成長 に対するてこ入れを図った。それまでは一部の銀行に対象を絞り資金を 供給したり、特定の銀行の預金準備率を引き下げたりしていた。

北京在勤の劉氏は26日の電話インタビューで、「政策金利と預金準 備率をさらに引き下げる余地がある。力強い回復は現実的ではない。不 動産と固定資産投資の鈍化を和らげるため、人民銀は恐らく潤沢な流動 性を維持し続けるだろう」と述べた。今回の利下げは「予防的措置」だ ったとも語った。

原題:China’s Biggest Money-Market Fund Expects Further PBOC Loosening(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE