きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

ヤクルト本社(2267):前日比6.1%安の6290円。世界最大のヨー グルトメーカー、仏ダノンが保有するヤクルト株20%の売却を検討して いることが複数の関係者の話で分かった。両社提携効果の剥落、今後の 株主構成の不透明感を嫌気する売りが膨らんだ。

帝人(3401):4.3%安の312円。2018年、21年満期で総額400億円 のユーロ円建て転換社債型新株予約権付社債(CB、取得条項付き)を 発行すると26日に発表。9月末時点の発行済み株式総数に対する潜在株 式比率は9.82%となり、将来的な1株価値の希薄化を懸念する売りに 押された。調達資金は工場建設や開発研究、キョーリン製薬ホー ルディングス(4569)株取得などに充当意向。

タカタ(7312):4.8%安の1292円。米運輸省道路交通安全局は26 日、タカタに宛てた書簡で欠陥エアバッグの地域を限定したリコール (無料の回収・修理)では不十分とし、全米規模でのリコールを正式に 求めた。報告書を12月2日までに提出するよう指示しており、費用負担 の拡大を懸念する売りがあらためて広がった。同社製エアバッグを搭載 するホンダ(7267)も3.3%安の3512.5円。

富士重工業(7270):3%安の4159.5円。ドイツ証券は26日、投資 判断を「買い」から「ホールド」に下げた。16年3月期は高い営業利益 率を支えに好業績を見込むが、再来期にかけては業績の伸びが横ばいに なり、PERの拡大を妨げるとみる。

東京エレクトロン(8035):2.7%高の8060円。マーケット・セキ ュリティーズのアナリスト、ジェラルド・フー氏が関係者の情報として 明らかにしたところ、韓国サムスン電子は米アプライド・マテリアルズ と東エレクの経営統合計画について、韓国公正取引委員会への異議を取 り下げることに同意した。パターニング技術での協力などと引き換え に、異議を撤回するという。

アインファーマシーズ(9627):13%高の3320円。26日発表の5 -10月期(上期)連結決算は、営業利益で前年同期比16%減の42億3000 万円となったが、従来想定の35億9000万円からは上振れた。主力の調剤 薬局部門で調剤報酬改定に対応した運営コストの増加、仕入れ原価の上 昇が重しになる半面、事業規模拡大によるスケールメリットの享受と薬 局単位の業務改善を進めた。野村証券では報酬改定の影響を克服したと みて、目標株価を2950円から3800円に上方修正。また、総合メディカル (4775)との業務提携も発表した。

アルプス電気(6770):5.1%高の2358円。みずほ証券は26日、目 標株価を2050円から2600円に上げた。16年3月期に向け手振れ補正機能 (OIS)付きのカメラ用アクチュエータ(VCM)の好調が維持され るとみるほか、車載関連製品のミックス改善見通し、円安加速を踏ま え、来期の営業利益予想を480億円から570億円に増額した。投資判断は 「買い」を継続。

日信工業(7230):4.7%安の1776円。SMBC日興証券は26日、 投資判断を「1(アウトパフォーム)」から「2(中立)」に下げた。 回生協調ブレーキはホンダの「フィット」「ヴェゼル」に搭載され、リ コールの影響で販売ペースが低下傾向、好採算だけに収益への悪影響は 小さくないとみる。15年3月期営業利益予想を215億円から165億円(会 社計画160億円)、来期を235億円から195億円に減額。

東京製綱(5981):2.7%高の190円。愛知県蒲郡市にある炭素繊維 複合材ケーブル(CFCC)の製造工場の能力を増強する、と27日午後 に発表。来年7月末にフル稼働予定、生産能力は現在の月81キロメート ルが130キロメートルに高まる。インドネシアでの送電線網拡充の動き に対応するもので、今後の収益力向上につながるとみられた。

トヨタ紡織(3116):3.6%高の1482円。クレディ・スイス証券 は26日、投資判断を「アンダーパフォーム」から「中立」、目標株価 を1000円から1550円に上げた。16年3月期以降に北中南米立ち上げロス の改善、トヨタ自動車のモデルサイクル好転に伴う台数、構成改善など で収益モメンタムが拡大するとみる。

シャープ(6753):2.4%安の280円。BNPパリバ証券は26日、投 資判断を「ホールド」から「ウエート下げ」、目標株価を310円から240 円に下げた。中小型LCDの競争激化や国内太陽光事業の需要低下、エ クイティファイナンスの可能性を理由に挙げる。同証による16年3月期 営業利益予想を950億円から890億円に減額。

共同印刷(7914):4.2%安の364円。19年満期の円建て転換社債型 新株予約権付社債(CB)を海外市場で50億円発行する、と26日に発 表。同日時点の発行済み株式総数に対する潜在株式比率は12.68%とな り、将来的な1株価値希薄化を懸念する売りが広がった。調達資金は設 備投資に充当方針。

CYBERDYNE(7779):4.4%安の3355円。海外市場で新株 と転換社債型新株予約権付社債(CB)を発行、総額410億円を調達す ると26日に発表。1株価値の希薄化が嫌気された。調達資金は短期的な 事業戦略、中長期の開発戦略投資に充当方針。

ユーグレナ(2931):6.9%高の1588円。12月3日付で東証マザー ズから1部に上場市場が変更になる、と26日に発表。企業の信頼性や一 層の知名度向上、今後のTOPIX算入に伴うファンド資金の流入など を見込む買いが入った。

エニグモ(3665):16%高の1190円。野村証券は26日、新規に投資 判断を「買い」、目標株価を1400円とした。同社はグローバル規模の衣 料品オムニチャネルサービスを展開、今後3カ年(15年1月期-17年1 月期)の予想平均営業増益率は32%と国内の電子商取引(EC)主要企 業を上回り、現在の株価は割安と判断する。

ゲンキー(2772):7.9%高の7080円。11月度の月次営業速報を26 日に公表、前年同月比9.1%増だった。季節商品のスキンケア商材や入 浴剤などが好調、エボラ出血熱や鳥インフルエンザの報道で除菌系商品 も伸びた。気温が平年より下がらず、カイロや鍋商材は低調。

理研ビタミン(4526):500円(19%)高の3150円でストップ 高。12月3日付で東証2部から1部に上場市場が変更になる、と26日に 発表。今後のTOPIX算入に伴うファンド資金の流入などが見込まれ た。15年3月期末に1株5円の1部指定記念配を実施、年間配当を55円 から60円に積み増す。前期は50円。

CRI・ミドルウェア(3698):東証マザーズに27日に新規株式公 開(IPO)した。公開価格の2400円に対し買い気配値を切り上げ、初 日は2.3倍の5520円買い気配のまま売買は成立しなかった。同社はスマ ートフォンアプリの開発をサポートする映像、音声に特化したミドルウ エア製品の開発、販売を行い、15年9月期の1株利益予想は112円86銭 を見込む。公開価格ベースの予想PERは21倍。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE