ウラン上昇率、エネルギー首位-原発停止による下落から回復

ウラン価格が今年に入って18%上昇 し、エネルギー品目の中で最も高いパフォーマンスを示している。日本 で停止されている原子力発電所が再稼働するとの見方が広がっているこ とに加え、中国の需要が高まる兆しが示される中でウラン価格は強気相 場入りした。

ウランは年間ベースでは2010年以来の上昇となる可能性が高く、発 電用石炭とブルームバーグ商品指数を構成するエネルギー5品目全ての リターンを上回っている。価格は5月に付けた1ポンド当たり28ドルか ら最大57%上昇し、オーストラリアやカザフスタンの生産会社の利益を 押し上げている。原子力業界調査会社Uxコンサルティングのデータに よれば、今月25日の価格は40.50ドル。

Uxコンサルティングのシニアバイスプレジデント、ジョナサン・ ヒンツェ氏は電子メールで「トレーダーらが価格上昇を予想する幾つか の要因があり、その中には日本の原発再稼働の可能性も含まれている」 と指摘。「中国での需要がさらに拡大するとの見通し」も上昇の支援材 料になっていると述べた。

原題:Uranium Best Energy Performer on Rebound From Fukushima Drop (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE