民主・大塚氏:今の為替水準は安過ぎる-95円-105円が適正

民主党の大塚耕平政調会長代理は日 銀の追加緩和の実施に伴う円安水準について「明らかに安過ぎる」との 認識を示した上で、「購買力平価でいうと100円を挟んで95円から105円 が適正水準」との見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。