ドイツ:11月失業率は過去最低6.6%、失業者も減少-景況感改善

更新日時

ドイツの11月の失業者数は予想以上 に減り、失業率は過去最低を記録した。景況感が改善されている状況が 示された。

独連邦雇用庁(FLO)が27日発表した11月の雇用統計によると、 失業者数は季節調整済みで前月比1万4000人減り287万人となった。ブ ルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト34人の調査中央値で は1000人減が見込まれていた。失業率は6.6%と、20年余りで最低の水 準。前月の失業率も同水準に修正された。

ドイツ経済は7-9月(第3四半期)にプラス成長に回復。欧州中 央銀行(ECB)が景気刺激策を強化したことを背景に、企業景況感と 投資家信頼感は今月いずれも改善した。ただ、ドイツ連邦銀行(中央銀 行)は少なくとも年末まで景気は勢いを欠くとの見通しを示している。

キャピタル・エコノミクス(ロンドン)のエコノミスト、ジェニフ ァー・マキューン氏は「低失業率とユーロ安が個人消費と輸出を支え、 向こう数カ月に段階的な景気回復がドイツで再び始まるだろう」と発 言。今週公表された7-9月期国内総生産(GDP)改定値が「やや明 るい兆候をもたらした」と続けた。

原題:German Jobless Rate Reaches Record Low as Confidence Improves(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE