NY原油:約4年ぶり安値-OPEC減産に動かずとの見方

原油先物市場ではロンドンの北海ブ レントとニューヨークのウェスト・テキサス・インターミディエート (WTI)が下落。いずれも終値ベースで約4年ぶり安値となった。27 日の石油輸出国機構(OPEC)総会が減産で合意するとの期待が後退 した。

コンサルティング会社ショーク・グループ(ペンシルベニア州ヴィ ラノヴァ)のスティーブン・ショーク社長は「もう話は決まっている」 とし、「OPECは何もしない。サウジアラビアには減産する動機がな い」と述べた。

ロンドンICEのブレント1月限は前日比58セント安の1バレル =77.75ドルで終了。終値としては2010年9月9日以来の安値。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は40セ ント(0.54%)下げて73.69ドル。終値としては2010年9月21日以来の 安値となった。

原題:Crude Falls to Four-Year Low on Skepticism OPEC to Reduce Glut(抜粋)

--取材協力:Lananh Nguyen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE