アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

中国株式市場で上海総合指数が5営業日続伸。利下げで利益が押し 上げられるとの観測から金融株が上昇したほか、投資増強見通しを背景 に鉄道・インフラ関連銘柄も買われた。

華泰証券(601688 CH)は10%高。同社取締役会が香港での上場計 画を承認したことが好感された。中国最大の保険会社、中国人寿保険 (601628 CH)は9.8%高。利下げが保険料収入の伸びを押し上げるとの 見方が広がり、ここ5営業日での上昇率は28%となった。葛洲坝 (600068 CH)は2013年2月以来の高値を付けた。李克強首相が水利イ ンフラ事業への民間投資を促すと発言した。

上海総合指数は前日比1.4%高の2604.35と、11年8月以来の高値で 引けた。香港上場の中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H 株)指数は2.5%高。ハンセン指数は1.1%高。

正徳人寿保険の呉侃ファンドマネジャーは「今は強気相場であるた め、前向きなセンチメントが証券や景気循環業種などほぼ全てのセクタ ーに広がっている」と指摘。「われわれが主に注目するのは、鉄道や水 利プロジェクトなど政府の政策支援を受けるセクターだ」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場はここ5営業日で4回目の値上がり。デリバティブ (金融派生商品)取引の期日を翌日に控え、一部トレーダーらが売りポ ジションを解消した。

インド最大のたばこメーカー、ITCは反発。前日は5カ月ぶり大 幅安だった。国内最大の発電機メーカー、バーラト重電機は5月以来の 高値を付けた。アルミメーカーのヒンダルコ・インダストリーズ は2.2%上げた。一方、ブハルティ・エアテルは3週間ぶりの大幅安。

指標のS&Pセンセックス指数は前日比0.2%高の28386.19で引け た。この日は方向感のない取引に終始した。CNXニフティ指数 も0.2%上げた。インド市場のデリバティブ取引は毎月最終木曜日が期 日となる。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比61.42ポイント(1.2%)高 の5396.21。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.63ポイント高の1980.84。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比6.15ポイント(0.1%)高の9122.39。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE