26日のインド株式相場はここ5営業 日で4回目の値上がり。デリバティブ(金融派生商品)取引の期日を翌 日に控え、一部トレーダーらが売りポジションを解消した。

インド最大のたばこメーカー、ITCは反発。前日は5カ月ぶり大 幅安だった。国内最大の発電機メーカー、バーラト重電機は5月以来の 高値を付けた。アルミメーカーのヒンダルコ・インダストリーズ は2.2%上げた。一方、ブハルティ・エアテルは3週間ぶりの大幅安。

指標のS&Pセンセックス指数は前日比0.2%高の28386.19で引け た。この日は方向感のない取引に終始した。CNXニフティ指数 も0.2%上げた。インド市場のデリバティブ取引は毎月最終木曜日が期 日となる。

原題:Indian Stocks Advance Before Derivatives Expiry as ITC Rebounds(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE