アナリストの大誤算、値上がり見込んだ新浪株が大幅安

中国でポータルサイトを運営するシ ナ・コープ(新浪)にアナリストらは昨年、高い期待を寄せ、同社の株 価が19%上昇すると予想していた。

現実はそれほど甘くなかった。新浪株は24日までの1年間に51%下 げ38.32ドルとなった。騰落率における予想と実績の乖離(かいり) は70ポイントに達した。米株式市場で取引される大手中国企業55社を分 析するアナリストらにとって、買いを勧めていた銘柄の中で最大の誤算 となった。

新浪の株価は先週、4年ぶりの安値を付けた。売上高の半分を占め るポータル広告事業が今年、赤字に転じたためだ。ユーザーが別のサイ トにシフトしているのが響いている。新浪がミニブログ運営の微博の大 株主であることも、アナリストが新浪に魅せられた要因だった。

微博の株価は9月11日以降、24%下落。中国のテンセント・ホール ディングス(騰訊)が提供するメッセージ用アプリケーション「微信」 の人気が急速に広がったことや、政府がソーシャル・ネットワーキン グ・サービス(SNS)の監視を強化しているのが嫌気された。

リーデル・エクイティー・リサーチ(ニューヨーク)のデービッ ド・リーデル社長は24日の電子メールで、「微博の力と上り調子に人々 は幻惑されていた」とコメント。「収益化に難点があり、政府による検 閲に対する懸念を常に抱えることになるほか、成長も鈍化する。全てが 株価にとって悪いものだ」と指摘した。

リーデル社長は昨年11月に新浪を「売り」としていた3人のアナリ ストのうちの1人。25人が「買い」、4人が「ホールド(保有)」とし ていた。新浪株が70ドル以上だった時点での同社長の株価目標は55.94 ドル。同社長は今、新浪の投資判断をホールド、株価予想を45ドルとし ている。

原題:The 51% Chinese Web Stock Crash That Analysts Never Saw Coming(抜粋)

--取材協力:Zhang Shidong、Boris Korby.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE