ポールソンは米景気成熟と判断-リカバリー・ファンドも変更

ヘッジファンド運営会社ポールソン (運用資産額190億ドル=約2兆2400億円)は、米国の景気回復が成熟 期に入ったと判断し、「ポールソン・リカバリー・ファンド」の運用方 針を転換し、名前も変更する。

資産家ジョン・ポールソン氏が創業したポールソンは、5年続く米 国の景気回復が成熟していると結論付け、ポールソン・リカバリー・フ ァンドの名称を来年1月から「ポールソン・スペシャル・シチュエーシ ョンズ」に改めると今月の電話会議で投資家に伝えた。事情に詳しい関 係者2人が明らかにした。

非公開情報であることを理由に関係者の1人が匿名を条件に語った ところでは、ポールソン・リカバリー・ファンド(運用資産額16億ド ル)は、米景気回復に連動する投資を一部維持するものの、欧州におけ る機会のほか、買収やスピンオフ(分離・独立)といった企業イベント を予想する投資に重点を移す。

関係者の1人によれば、金融危機で打撃を受けた銀行や証券会社、 保険会社への投資を目的にポールソン氏(58)が2008年10月に設立した ポールソン・リカバリー・ファンドのリターンは、10月がマイナ ス7.4%、年初来ではマイナス13%と低迷。マーケティング文書による と、運用資産額も4月1日時点の32億ドルから半減している。

原題:Paulson Said to Alter Recovery Fund Mandate as U.S. Rebound Ages(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE