英アビバ、ヘッジファンド事業から撤退へ-米国事業の縮小で

英国2位の保険会社アビバは同社の 投資部門がヘッジファンド・ビジネスから撤退すると発表した。米国事 業縮小の一環。

同社は25日に電子メールで発表した資料で、「秩序ある移管計画に ついて、当社の関連会社と原ファンドのマネジャーらと連携している」 と述べた。

米紙ウォールストリート・ジャーナルは先に、アビバが年末までに 米国のヘッジファンド部門を閉鎖すると報じていた。同紙が事情に詳し い関係者の話として伝えたところでは、同部門の運用資産は約20億ドル (約2360億円)に上る。

アビバは一部事業の削減を進めており、2012年には米国の生命保険 と年金保険事業をアポロ・グローバル・マネジメントの関連保険会社に 売却することで合意。昨年は同社投資部門のアビバ・インベスターズが 親会社の人員削減の一環として従業員の6%を減らした。

一方、同社は21日に同業の英フレンズ・ライフ・グループと買収交 渉に入っていることを明らかにした。25日の同社株価終値(508ペン ス)に基づくと、買収金額は約53億ポンド(約9800億円)となる。

原題:Aviva to Exit Hedge-Fund Business as It Shrinks U.S. Operations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE