イタリア人初のエボラ熱患者に治験薬投与-容体は安定

イタリア人で初めてエボラ出血熱に 感染した医師が25日、ローマに到着し、抗ウイルス治験薬による治療を 受けている。

この患者が入院しているローマのラザロ・スパランツァーニ国立感 染症研究所のエマヌエーレ・ニカストリ医師は記者会見で、患者の容体 は「安定」していると説明。「意識もあり」、医療チームに「協力して いる」と述べた。

同患者(50)はシエラレオネでの慈善団体「エマージェンシー」の 活動中に感染。ローマ近郊の軍用空港に飛行機で到着後、特別な救急車 でラザロ・スパランツァーニ国立感染症研究所に搬送された。イタリア 空軍が電子メールで配布した資料で明らかにした。家族は患者名を公表 しないよう求めている。

ローマの医師らは患者に投与している治験薬について、欧米で使わ れたことがあると説明したが、名前は明らかにしなかった。

原題:Italy’s First Ebola Patient Treated With Experimental Drug (1)(抜粋)

--取材協力:Lorenzo Totaro.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE