「パソコン生活応援隊」の日本PCサービスの初値、68%高に

更新日時

パソコン、デジタル機器の設定や修 理を訪問や宅配、リモートなどで行う日本PCサービスが26日、名古屋 証券取引所のセントレックスに新規株式公開(IPO)した。公開価格 の480円に対し朝方から買い気配値を切り上げ、午前に形成された初値 は68%高の805円だった。

同社は2001年9月の設立で、大阪府吹田市に本社を置く。パソコン や周辺機器などのデジタル機器の設定や修理、トラブル解決サポートの 「パソコン生活応援隊!」を年中無休で展開、スマートフォンの何でも サポート「スマートレスキュー」、パソコントラブルを遠隔操作で解消 する「パソコン遠隔コンシェルジュ」などのサービスも行う。

会社側の15年8月期業績計画は、売上高で前期比8%増の26億1200 万円、営業利益で12%増の1億3500万円、1株利益は56円95銭を計画。 公開価格ベースのPERは8.4倍だった。上場に際し公募25万株、オー バーアロットメントによる売り出し3万7500株を実施、主幹事は東海東 京証券が務める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE