【今日のチャート】中国株の時価総額、日本を抜き世界2位へ

中国は株式市場の規模で3年ぶりに 日本を抜いて世界2位となる見通しだ。日本の安倍晋三首相よりも中国 の習近平国家主席の方が、経済成長を回復させることが容易だと株式投 資家は受け止めている。

今日のチャートは中国の株式時価総額(水色の線)が今年29%増加 し、11月24日時点で4兆3000億ドル(約506兆円)に達する一方、日本 の株式時価総額(赤い線)が4兆5000億ドルに3.3%減少したことを示 した。中国の株式時価総額は2011年3月の東日本大震災後に一時的に米 国に次いで世界2位となっていた。

日本株のドル建て時価総額減少は円安が一因ではあるが、中国の上 海総合指数は今年に入りTOPIXの2倍の上昇率を記録。中国共産党 も安倍首相率いる日本の連立与党も今年は景気刺激策を強化し、中国人 民銀行(中央銀行)は先週、約2年ぶりの利下げに踏み切った。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「中国は近い将来に日本 を追い抜くだろう。中国株の時価総額が拡大し続けるのは間違いない」 と語った。

上海総合指数は25日に1.4%値上がりして3年ぶりの高値を付け、 年初来上昇率は21%となった。日本では前例のない金融緩和策や政府支 出の拡大を背景に円が対ドルで11%下落し、TOPIXは年初来 で8.2%上昇している。

原題:China Stocks Seen Topping Japan as World No. 2: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE