【個別銘柄】ニトリ安い、アルミ関連急伸、名鉄やマキタ軟調

更新日時

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は次の通り。

ニトリホールディングス(9843):前日比5.2%安の6560円。ドイ ツ証券は25日、2015年2月期営業利益予想を693億円から前期比9%増 の685億円(会社計画650億円)に減額した。市場シェアの獲得で増収増 益の継続予想を維持するが、収益性は既に高水準で、さらなる改善は難 易度が高いと指摘。10、11月の既存店販売が前年同月比で減少した点に ついては冬物商材の販売時期の期ずれ、昨年度の販売好調の反動減など を挙げ、下期既存店の増収率を2%減と見込む。

アルミニウム株:UACJ(5741)が8.7%高の363円、日本軽金属 ホールディングス(5703)が6.6%高の179円など。トヨタ自動車 (7203)は17年から車体へのアルミニウムの採用を増やす、と26日付の 日本経済新聞朝刊が報道。高級車を中心にボンネットやバンパー、ドア などの素材を切り替えるとし、今後の需要拡大を見込む買いが入った。

名古屋鉄道(9048):5.7%安の462円。海外市場で2024年満期のユ ーロ円建て転換社債型新株予約権付き社債(CB)400億円を発行す る、と25日に発表。10月末時点の発行済み株式総数に対する潜在株式数 比率は7.56%になり、将来的な1株価値の希薄化を懸念する売りが先行 した。調達資金は不動産事業の賃貸物件の取得、設備投資、借入金返済 などに充当方針。

マキタ(6586):6%安の6110円。SMBC日興証券は25日、投資 判断を「中立」から「アンダーパフォーム」、目標株価を6300円か ら5000円に下げた。為替の影響や東欧・ロシア地域での売上高前提を下 方修正したことなどで、同証による15年3月期営業利益予想を697億円 から653億円(会社計画595億円)、来期を750億円から623億円に修正、 来期は減益を見込む。

住友金属鉱山(5713):2.2%高の1824.5円。野村証券では為替レ ートの円安進行の影響、関連会社からの持分法投資利益の好調などを踏 まえ、目標株価を1820円から1950円に上げた。今下期以降の想定為替レ ートを1ドル=108円としているが、現状の117円が続いた場合、15年3 月期経常利益は1600億円前後(会社計画1550億円)、16年3月期は1800 億円前後まで上方修正余地があるとみる。

国際石油開発帝石(1605):2.2%安の1393円。25日のニューヨー ク原油先物は2.2%安の1バレル=74.09ドルと終値で10年9月以来、お よそ4年ぶりの安値を付けた。石油輸出国機構(OPEC)の総会を控 え、原油生産で世界全体の3分の1を占めるベネズエラ、サウジアラビ ア、メキシコ、ロシアの4カ国が減産で合意できなかったため。市況安 が収益の下方圧力になるとみられた。

オムロン(6645):2.9%安の5290円。10月28日の取締役会で決め た300万株、金額で150億円を上限にした自社株買いを終了すると26日午 後に発表。10月29日から11月25日までに取得した自社株は282万3600 株、149億9953万円だった。需給好転期待が剥落した。

スカイマーク(9204):2.2%高の231円。国土交通省は、同社が打 ち出した日本航空(9201)との業務提携に難色を示す一方、ANAホー ルディングス(9202)と提携させる案を検討していると26日付の朝日新 聞朝刊が報道。企業同士の構想を国が覆す異例の展開になる可能性があ るとしたが、いずれのケースでもスカイマク立て直しの支援にはなると みられた。

ダイドードリンコ(2590):3.2%高の4780円。2-10月期の連結 営業利益は前年同期比2%増の52億1600万円だった、と25日に発表。最 需要期だった夏場の低温傾向から主力の飲料販売を中心に売上高は2% 強減ったが、価格適正化の効果などから増益を確保した。前期比13%減 の52億円とする15年1月期計画を既に上回る。

エバラ食品工業(2819):8.6%高の2238円。12月17日付で東証2 部から1部に上場市場が変更になる、と25日に発表。今後のTOPIX 採用に伴うファンド資金の流入などが見込まれた。また同社は、15年3 月期末に1株5円の1部指定記念配を実施、普通配の27円と合わせ32円 の配当を行う方針。

ホシデン(6804):2.8%安の742円。三菱UFJモルガン・スタン レー証券は25日、投資判断を「中立」から「アンダーウエート」に下げ た。目標株価520円に対する乖離(かいり)率を基準とした場合、電子 部品セクター内での相対評価が低下したため。業績面ではアミューズメ ント、通信の減速が続いていると指摘した。

内田洋行(8057):9.5%高の381円。8-10月(第1四半期)の連 結営業損益は6億4500万円の黒字と、前年同期の3億5600万円の赤字か ら改善したと25日に発表。国や地方自治体の公共関連投資の執行前倒し の影響で、教育用分野での大型タブレット案件の増加をはじめ公共関連 事業分野が好調。オフィス関連事業での損失縮小も寄与した。

イトーキ(7972):3.5%安の549円。14年12月期の連結営業利益計 画を45億2000万円から21億5000万円に下方修正する、と25日に発表。消 費税増税後の民間企業によるオフィス投資の回復が鈍く、競争激化やコ スト上昇も圧迫し、前期比では9.2%増益が一転、48%減益になる。

福島工業(6420):2.8%高の2001円。株主優待制度を導入、毎年 3月末株主を対象に1単元(100株)以上保有につきクオカード2000円 分を贈呈する。

ティア(2485):5.2%安の655円。新株発行などで最大約13億円を 調達する、と25日に発表。1株価値の希薄化を嫌気する売りに押され た。調達資金は設備投資に充当方針。同社は名古屋を地盤に葬祭会館を 展開する。

As-meエステール(7872):4.9%高の750円。12月2日付で東 証2部から1部に上場市場が変更になる、と25日に発表。今後の TOPIX採用に伴うファンド資金の流入などを見込む買いが入った。 同社は宝飾品の生産、販売を行う。

日本PCサービス(6025):26日に名古屋証券取引所のセントレッ クスに新規株式公開(IPO)した。公開価格の480円に対し買い気配 値を切り上げ、初値は68%高の805円。パソコンや周辺機器などデジタ ル機器の設定や修理、トラブル解決サポートの「パソコン生活応援 隊!」などを展開する。15年8月期の1株利益計画は56円95銭、公開価 格ベースのPERは8.4倍だった。終値は950円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE