26日の米国株は上昇。主要株価指数 は最高値を更新した。米国経済は十分に強く、海外の景気低迷による影 響を乗り越えられるとの楽観が広がった。

この日は通信サービス株が上昇。テクノロジー株も値上がりした。 ヒューレット・パッカード(HP)は、四半期利益がアナリスト予想を 下回ったにもかかわらず、2011年5月以来の高値に上昇した。エネルギ ー株は下落。この日の原油価格は約4年ぶり安値。シードリルは配当を 一時中止した。

S&P500種株価指数は前日比0.3%上げて2072.83。ダウ工業株30 種平均は12.81ドル(0.1%未満)高の17827.75ドルで終えた。

フィラデルフィア・トラストの最高投資責任者(CIO)、リチャ ード・シーシェル氏は「全般的に経済統計は良好だ。その楽観が続いて いる」と述べ、「良好な小売りシーズンが見込めるだろう。ガソリン価 格の下落が効いている」と続けた。

朝方発表された11月の米消費者マインド指数は約7年ぶりの高水準 に上昇した。10月の米個人消費は所得と同じペースで増加した。

10月の米製造業耐久財受注は、航空機を除く非国防資本財(コア資 本財)受注が市場予想に反して減少した。

失業保険

先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比で2万1000 件増加して31万3000件と、9月初め以来の最高だった。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は28万8000件だった。

商務省が25日発表した第3四半期実質国内総生産(GDP、季節調 整済み、年率)改定値は前期比3.9%増と、速報値の3.5%増から上方修 正された。

S&P500種を構成企業の株価収益率(PER、予想ベース) は17.3倍と、09年以来の高水準となっている。前月は15.5倍だった。ブ ルームバーグがまとめた予想によると、S&P500種企業の今年の増益 率は7.6%が見込まれている。

S&P500種産業別10指数のうち8指数が上昇した。エネルギー株 は1.1%と最も下げた。

半導体が高い

この日は半導体株が上昇。アナログ・デバイセズは5.5%高。同社 の利益と売上高が予想を上回った。

S&P500種のテクノロジー株指数は0.9%高。HPは4.1%上昇し た。同社の第4四半期売上高は予想を下回った。

--取材協力:Sofia Horta e Costa.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE