配車アプリのウーバーが資金調達間近、4兆円超評価-関係者

更新日時

携帯端末向け配車アプリを手掛ける 米ウーバー・テクノロジーズは、企業価値を350億-400億ドル(約4 兆1200億-4兆7100億円)と評価する資金調達に近づいている。事情に 詳しい複数の関係者が明らかにした。

同関係者によると、T・ロウ・プライス・グループが新たな投資で 協議中であるほか、既に出資済みのフィデリティ・インベストメンツも 資金提供に加わる見通し。詳細が未公表であることを理由に匿名で語っ た。同関係者によれば、ウーバーは最低10億ドルを調達する。

資金調達の条件や投資家グループが変わる可能性もあると、関係者 1人は明らかにした。関係者2人によれば、T・ロウは以前にウーバー への出資を検討したことがあり、今回も最終的に見送る可能性もあると いう。

ウーバーとT・ロウ、フィデリティの担当者はコメントを控えた。

ウーバーによる6月の資金調達は企業価値を170億ドルと評価して おり、今回の調達が完了すれば当時の2倍強に評価額が上がることにな る。同社は6月時点で、新興の米テクノロジー企業による資金調達時の 企業価値評価で最高となっていた。

原題:Uber Said Close to Raising Funds at Up to $40 Billion Value (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE