乳酸飲料メーカー、ヤクルト本社の 株価が下落している。世界最大のヨーグルトメーカー、フランスのダノ ンが、保有するヤクルトの株式20%の売却を検討していることが明らか になっている。

ヤクルト株は27日午前の取引で一時、前日比10.3%安となり、昨年 4月26日以来の日中下落率となった。午後1時1分現在、同6.6%安 の6260円で取引されている。

事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べたところによると、ダノン は売却について社内で協議した。議論は初期段階で最終決定はまだだと いう。ヤクルトの時価総額は約1兆1000億円で、20%は約2200億円相当 となる。

ダノンによるヤクルト株売却は、類似の商品を持つ両社間の10年来 の提携終了を意味する。ダノンは2013年が約10年ぶり減益となり、ヤク ルト株の売却資金を手に成長に向け企業買収を模索する可能性もある。

バリューサーチ投資顧問の松野実社長は「ヤクルトにとっては、ダ ノンがヤクルトから株を売却して手を引くこと自体はマイナスではな い」と電話インタビューで話した。ただ、売却するにしても「大量の株 式であり、市場で売るとは考えにくく、どこが引き受けるのかに注目し たい。ヤクルトが引き受け先を探してくることなども可能性としては考 えられる」と述べた。

ヤクルトの広報担当、佐々木淳氏は電話での問い合わせに対し、コ メントを控えた。

原題:Danone Said to Weigh Sale of $2 Billion Stake in Japan’s Yakult(抜粋)

--取材協力:Corinne Gretler、Andrew Roberts、松田潔社.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE