米FRB:ウェルズ・ファーゴの破綻計画は修正必要

米連邦準備制度理事会(FRB)と 連邦預金保険公社(FDIC)はウェルズ・ファーゴが2014年に提出し た経営破綻時の事業整理計画「生前遺言」について、若干の修正が実施 されれば利益となり、受け入れ可能な提案だとの評価を明らかにした。

FRBなどは同計画に対し、十分に立案されれば、「同社の破綻が 米金融システムの安定に及ぼすリスクを低下させることが可能だ」と指 摘した。

原題:Fed Says Wells Fargo Resolution Plan Acceptable With Revisions(抜粋)

--取材協力:Dakin Campbell、Jesse Hamilton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE