LMEニッケル:1週間ぶり大幅下落-コロンビアのスト回避

25日のロンドン金属取引所 (LME)のニッケル相場は1週間ぶりの大幅下落となった。コロンビ アのセロ・マトソ鉱山でのスト入りの可能性を労組が年内は排除したこ とが背景。

LMEのニッケル相場(3カ月物)は0.8%安の1トン=1万6525 ドルで終了した。18日以降で最大の下げ幅。銅相場(3カ月物)は1% 安の1トン=6606ドル。鉛、スズ、亜鉛も下げた。アルミニウムは上 昇。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 3月限は0.9%安の1ポンド=2.9775ドルで取引を終えた。一時 は2.9655ドルと、中心限月として5日以来の安値を付けた。

原題:Nickel Drops Most in a Week as Colombia Mine Strike Canceled(抜粋)

--取材協力:Andrew Willis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE