欧州債:スペインなど利回り最低、まるでユーロ共通債との指摘

25日の欧州債市場ではユーロ圏諸国 の国債が総じて上昇。オーストリアやスペインなどの国債利回りは過去 最低を更新した。欧州中央銀行(ECB)が資産購入の対象をソブリン 債まで広げるとの観測は根強い。

ドイツ債が値上がりした要因には、同国での投資減少を示した7- 9月の国内総生産(GDP)改定値の発表があった。ECBのクーレ理 事は前日、追加刺激に関して同中銀は早まった決定を下すつもりはな く、いかなる措置も今後のデータに基づいて決めると述べた。ECBは 既にカバード債と資産担保証券(ABS)の購入を開始している。オラ ンダがこの日実施した10年債入札では落札利回りが過去最低となった。

ロンドン時間午後4時17分現在、スペイン10年債利回りは前日比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.923%。一時 は1.922%と、ブルームバーグが1993年にデータ集計を開始して以来の 最低となった。同国債(表面利率2.75%、2024年10月償還)の価格 は0.475上げ107.405。

ドイツ10年債利回りは3bp低下の0.75%。10月16日に付けた過去 最低の0.715%に近づいた。

ラボバンク・インターナショナル(ロンドン)の欧州金利戦略部門 の責任者、リチャード・マクガイア氏は量的緩和の観測が「こうした相 場の動きをあおっているのは確かだ」と指摘。ユーロ圏諸国の国債は同 じ方向に動いており、「ますますユーロ共通債のように取引されるよう になってきている」と付け加えた。

オーストリア10年債利回りはこの日、0.906%まで低下。同年限の イタリア債利回りは過去最低の2.136%となり、アイルランド債で は1.453%を付けた。

オランダ10年債利回りは一時、4bp低下し過去最低 の0.877%。10年債入札の平均落札利回りは0.895%となった。ポルトガ ル10年債利回りもこの日は過去最低を付け、2.906%に下がった。

原題:Euro-Area Yields Drop to Records as Dutch Borrow at All-Time Low(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE