資産家ファルコン氏、ハービンジャーの会長・CEOを辞任

更新日時

資産家のフィリップ・ファルコン氏 は株式公開企業である米ハービンジャー・グループの会長と最高経営責 任者(CEO)を辞任する。同社の筆頭株主、米リューカディア・ナシ ョナルが影響力を強めていることが背景にある。ファルコン氏のヘッジ ファンドもハービンジャーに出資している。

非公開情報であることを理由に関係者1人が匿名を条件に語ったと ころでは、筆頭株主のリューカディアがハービンジャーの株式500万株 買い増し、持ち株比率は約22%となった。

ファルコン氏(52)は、HC2ホールディングスの会長としての役 割に集中する予定だと語った。HC2はハービンジャーと同じようにさ まざまな企業に投資している。同氏は3年前、ヘッジファンド投資から 手を引き、長期投資の資金調達で株式公開企業を活用する計画を明らか にしていた。

事情に詳しい関係者によれば、リューカディアなどハービンジャー の一部株主は、同社の原資産の価値が株価に十分反映されておらず、フ ァルコン氏を交代させれば株価が上昇する可能性があると考えていた。

ハービンジャーの株主は約15ドルが適正株価との結論に達したが、 実際は13ドルを辛うじて上回る状況だ。25日の株価終値は前日比3.6% 高の13.36ドル。年初来では13%上げている。

ハービンジャーが1月に一部株式を取得したHC2の株価は7.5% 高の8.05ドル。

ハービンジャーの新たな会長には、リューカディアのジョゼフ・ S・スタインバーグ会長が指名された。CEOについては後任探しが続 けられている。

ファルコン氏は昨年、個人の税金を支払うためにファンドの資金を 流用し、一部の投資家を優遇したとされる不適切行為をめぐり米監督当 局から証券業務への関与を最低5年間禁止する処分を受けた。

原題:Falcone Steps Down From Harbinger Group as Leucadia Raises Stake(抜粋)

--取材協力:Katherine Burton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE