非公開のつもりが公開ツイート、ツイッター幹部も冷や汗

ツイッターは自社の最高幹部の1人 に冷や汗をかかせた。

アンソニー・ノト最高財務責任者(CFO)は24日、他企業を買収 する計画をツイートで公開してしまった。12月半ばの会合で合意したい と考えていることまで書いてしまった。非公開のつもりだったこの掲載 内容は削除されたとツイッターの広報担当、ジム・プロッサー氏が述べ た。

「やっぱり買うべきだと思う。12月15、16日に会うことになってい るから、その時に説得しよう。プランがある」とノト氏は書いていた。 このメッセージをノト氏が誰に送るつもりだったのか、狙っている会社 はどこなのかはいずれも不明だ。プロッサー氏はコメントを控えた。

ツイッターの幹部ですら使い方を誤ることが、これで露呈してしま った。非公開のダイレクトメッセージを公開してしまう失敗はあまりに 頻繁に起こるため、「DMフェイル」という名前までついた。「ダイレ クトメッセージ・フェイル」の略だ。

ダイレクトメッセージと公開ツイートの使い勝手を良くするのがツ イッターの最優先課題の一つだと、経営幹部らは今月の投資家会議で語 っていた。

ノト氏は以前はゴールドマン・サックス・グループに勤務し、直近 はテクノロジー担当だった。バンカーにあまり使われていなかった2009 年からツイッターを使っている。今年7月にツイッターのCFOに就任 した。

原題:Twitter CFO Has Oops Moment by Mistakenly Tweeting About Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE