中国株:3年ぶり高値-追加利下げや国有企業改革の加速観測

更新日時

中国株は上昇。上海総合指数が約3 年ぶりの高値となった。当局が景気支援に向けて追加利下げや国有企業 改革を加速するとの観測が材料視されている。

百視通新媒体(600637 CH)と上海東方明珠(600832 CH)が2日連 続で大幅上昇。両社の合併計画が引き続き支援材料となった。国有企業 の上海錦江国際実業(600650 CH)も値幅制限いっぱいまで買われた。

保利房地産集団(600048 CH)など不動産開発銘柄の値上がりも目 立つ。上海汽車集団(600104 CH)は2.8%高。借り入れコストの低下で 個人消費が押し上げられるとの見通しが背景。

上海総合指数は前日比1.4%高の2567.60で終了。CSI300指数 も1.4%高。香港上場の中国本土株で構成されるハンセン中国企業株 (H株)指数は0.6%安。24日は3.8%高と1年ぶりの大きな上げとなっ ていた。ハンセン指数は0.2%安。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は中国人民銀行(中央銀 行)の「利下げにより投資家は相場の見通しに一段と楽観的になってい る」と指摘。「相場は一段高となる可能性が高い。上海の百視通新媒体 と東方明珠が合併したら、国有企業改革が恐らく同市以外で加速するだ ろう」と述べた。

原題:China’s Stocks Rise to Three-Year High on Interest-Rate Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE