レクサス、米販売首位は引き続き視野に-高価格路線を堅持

トヨタ自動車の「レクサス」は米国 で最も売れている高級車ブランドという称号を3年前に失ったが、首位 への返り咲きをあきらめてはいない。

競合する独ダイムラーの「メルセデス・ベンツ」やフォルクスワー ゲン(VW)の「アウディ」が3万ドル(約355万円)を切るモデルを 投入するなか、レクサスはこうした動きに追随しないことを選んだ。レ クサスで最も低価格のモデルは「CT」ハイブリッドで3万2050ドルか ら、「IS」スポーツセダンは3万6550ドルから販売されている。

レクサス米国部門のゼネラルマネジャー、ジェフ・ブラッケン氏 は24日、製品調査の観点からも大衆路線ではなく高級志向を目指すと説 明。3万ドル割れが売れ筋の価格帯であるため、厳しいビジネスだと考 える向きもあるが、「安易なビジネスなどない。レクサスが真の高級車 になるためには、3万ドルを下回るのではなく上回ることを1つの基準 と考える必要がある」と語った。

今年1-10月の販売台数はレクサスが24万4038台、独BMWが26 万7193台、メルセデス・ベンツが26万1804台。レクサスは2011年に高級 車市場で販売首位の座を明け渡した。

メルセデスの「CLA」やアウディの「A3」など3万ドルないし これをやや下回る価格のモデルが投入されたことで、今年の高級車販売 は自動車市場全体を上回るペースで伸びている。

原題:Lexus Still Eyeing U.S. Sales Crown Without Sub-$30,000 Vehicle(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE