オフショア人民元、5日ぶり反発-中心レート引き上げで

更新日時

香港オフショア市場で取引される中 国人民元は25日、対ドルで5営業日ぶりに反発。前日は7週間ぶりの安 値を付けていた。中国人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを引き上 げたほか、本土株の上昇が材料視された。

人民銀は25日、中心レートを0.05%元高方向の1ドル=6.1390元に 設定した。元は24日、約2年ぶりとなる中国利下げを受けて国内の経済 成長をめぐる懸念が広がり、9月29日以来となる大幅下落を記録してい た。一方、政府が景気支援に向けて新たな施策を講じるとの観測から、 上海総合指数は25日の取引を2011年以来の高値で終えた。

ブルームバーグの集計データによれば、香港時間午後4時42分(日 本時間同5時42分)現在、オフショア人民元は前日比0.15%高の6.1483 元。前日は6.1589元と、10月以来の安値を付けていた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で0.02%安の6.1432元で終了。一時は9月30日以来の安値とな る6.1466元まで下げていた。

人民元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)はほぼ変 わらずの6.2570元。

原題:Offshore Yuan Rebounds From Seven-Week Low as PBOC Raises Fixing(抜粋)

--取材協力:Robin Ganguly.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE