「ハンガー・ゲーム」最新作が初登場1位-週末の北米映画

週末の北米映画興行収入ランキング は、アクション映画シリーズ「ハンガー・ゲーム」最新作が初登場1位 となった。

調査会社レントラックが24日発表した資料によれば、ライオンズ・ ゲート・エンターテインメントの「ハンガー・ゲーム:モッキングジェ イPart1」(原題)が推計1億2190万ドル(約144億円)を稼ぎ、 封切りの週末としては今年最大のヒット作品となった。

2位はウォルト・ディズニーのアニメーション映画「ベイマック ス」。興行収入は2010万ドル。バイアコム傘下パラマウント・ピクチャ ーズのSF映画「インターステラー」が1530万ドルで3位となった。ベ イマックスとインターステラーはいずれも3週目。

上位10作品の週末興行収入は1億8450万ドルと、1年前の2億1460 万ドルから減少。年初来の興行収入は3.6%減の91億7000万ドル。週末 の興行収入は21-23日の実績。

作品名   興行収入  変化率  劇場数  劇場平均  収入合計  週
          (百万ドル)  (%)       収入(ドル)(百万ドル)
================================================================
 1 Hunger Games    $121.9     --    4151  $29366   $121.9    1
 2 Big Hero 6        20.1    -42    3650    5513    135.7    3
 3 Interstellar      15.3    -46    3415    4492    120.9    3
 4 Dumb And Dumber   14.1    -61    3188    4415     57.7    2
 5 Gone Girl          2.8    -38    1609    1763    156.8    8
 6 Beyond The Lights  2.6    -58    1766    1492     10.1    2
 7 St. Vincent        2.2    -40    1707    1318     36.5    7
 8 Fury               1.9    -48    1720    1130     79.2    6
 9 Birdman            1.9    -25     862    2150     14.4    6
10 Theory Of Everyth  1.5    106     140   10798      2.8    3

原題:‘Hunger Games’ Debut Trails Predecessors Amid Tepid Reviews (3)  (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE