米消費者信頼感指数:11月は市場予想に反して88.7に低下

更新日時

11月の米消費者信頼感指数は市場予 想に反して前月から低下した。前月は7年ぶりの高水準だった。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した11月の消費者 信頼感指数は88.7と、2007年10月以来の最高を記録した前月の94.1から 低下した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は96だ った。

今後6カ月の期待指数は87と、前月の93.8から低下した。現況指数 は91.3と4カ月ぶり低水準。前月は94.4だった。現在のビジネス環境は 良好だと答えた割合は24%と、過去3カ月で最低だった。

現在雇用が十分にあると回答した割合は16%と前月の16.5%から低 下。職を得るのが困難との回答比率は29.2%で前月の29.0%から上昇し た。

今後6カ月に雇用が増加するとの回答比率は15%と、前月の16%か ら低下。同期間に所得が増えると答えた割合は16.3%(前月16.7%)に 低下した。

統計の詳細はをご覧ください。

原題:Consumer Confidence in U.S. Declines From Highest in Seven Years(抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE