ロシア、OPEC減産なら同調も-コメルサントが当局者引用

ロシア政府は石油輸出国機構( OPEC)が原油価格の下支えに向けて減産に動いた場合、来年これに 同調することを検討していると、同国紙コメルサントが政府関係者を引 用して報じた。ただ、これに関するコンセンサスはないという。

報道によれば、OPECが生産目標を7000万トン引き下げる見返り に、ロシアは1500万トン(日量約30万バレル)減産で合意する可能性が ある。関係者の氏名は明らかにされていない。エネルギー省のゴラント 報道官はブルームバーグからの問い合わせに対し、15年の推定産油量は 年内に明らかになると答えた。減産の可能性についてはコメントを控え た。

ロシア当局者は先週、OPECに加盟するサウジアラビアとベネズ エラと弱気相場入りした原油相場に関して協議。サウジは21日、ロシア と原油相場をめぐって協力することで合意に至ったものの、生産調整に ついては公約しなかった。

OPECは27日のウィーン総会で生産目標を決定する。北海ブレン ト原油は6月以来、30%値下がりしており、14日に中心限月の1月限は 1バレル=76.76ドルと、4年ぶり安値を付けた。

原題:Russia Reported to Consider Joining OPEC Oil Output Cuts in 2015(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE