利下げ後の中国株の上昇は長続きしない可能性-歴史が示唆

中国株の指標となる指数は中国人民 銀行(中央銀行)の予想外の利下げ後、3年ぶりの高値に上昇した。た だ、最近の歴史が示唆するところでは、株価の上昇は長続きしない。

上海総合指数は24日、上昇しているが、過去7回の利下げと預金準 備率引き下げのうち6回では、その後の2カ月間で株価は下落した。ブ ルームバーグのデータによると、人民銀が前回に利下げを実施した2012 年7月の時、同指数は7.4%下げた。

21日に発表された利下げは中国経済の減速感が深まっている懸念を 浮き彫りにしている。UBSウェルス・マネジメントの新興市場アナリ スト、ルーシー・チュウ氏は21日の電話取材で「短期的にはポジティブ だが、長期的には恐らく景気減速が市場を動かす主な要因になるだろ う。利下げの発表は一連の低調な経済指標の公表後に行われた。政府が 成長支援を決めたことをある程度示すものだが、これからは経済データ を本当に注視していく必要がある」と語った。

これに対しウェルズ・ファーゴ・アドバンテージ・ファンズ(ウィ スコンシン州)の運用担当者ブライアン・ヤコブセン氏は、世界的な環 境は12年当時よりも穏やかであり、株式相場の上昇は持続するとの見方 を示している。

原題:PBOC Bounce Short Lived for Stocks as History Defies Bulls (1)(抜粋)

--取材協力:Belinda Cao、Zhang Shidong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE