中国の銀行株に投資家はさらに強気-利下げで利ざや縮小でも

中国の銀行は増加する不良債権とい う問題を既に抱えているが、利益の伸び鈍化にも見舞われる恐れがあ る。利下げは融資の利ざや縮小につながるためだ。

ただ、一部の投資家は銀行株に悲観的になるどころか、より楽観的 になるという意外な展開になっている。

ロベコ香港の中国部門の最高投資責任者(CIO)、ビクトリア・ ミオ氏は21日、中国の銀行株は経済の「ハードランディング」を織り込 んだ水準にあるため、非常に魅力的だとの見方を示していた。

この数時間後、中国人民銀行(中央銀行)は1年物貸出基準金利 を0.4ポイント引き下げ、1年物預金金利を0.25ポイント引き下げると 発表。ミオ氏はこの後、持続的な金融緩和は景気回復や銀行株の上昇を 後押しする可能性があると指摘し、銀行株に対し「さらに前向き」だと した。

香港市場で中国工商銀行は銀行株の上げを主導。中国建設銀行も値 上がりしている。ブルームバーグのデータによれば、中国の銀行株の株 価収益率(PER、予想収益ベース)は平均4.8倍と、時価総額が100億 ドル(約1兆1800億円)を超える規模の世界の銀行で最も割安となって いる。

ベアリング・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、キエ ム・ドゥ氏は、利下げ後も銀行株に対して「依然として強気だ」と述 べ、金利低下に伴い6%を上回る配当利回りが一段と魅力的になるとの 見方を示した。

原題:Bad News for China Banks Sees Fund Managers Get More Bullish (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE